にょろにょろブログ

にょろにょろと地をはいつくばりながらえへへと笑っている

ニート2ヶ月目

タイトルの通りですよアッハッハ。

一応10月中に進展が見られたのですが、いつから働き始められるのかまだわからず。先月半ばに25歳になったものの私生活もいろいろ辛いことがあり、誕生日の朝はわんわん泣いてやけを起こして、まともに理性が働いていたら絶対やらないような不毛なことをしたりしましたが、今は元気になりました。一連のぐちゃぐちゃは次の四半世紀に向けたリセットなのかもしれません。

 

半ば〜後半にかけては幸いにも英語の通訳や翻訳のお仕事を細々とですがいただくことができ、ニートとは言いつつ遊んだり仕事したりでそこそこ忙しくしております。忙しさにかまけて通訳学校の勉強やフランス語が疎かになってるのでよくないですが。とにかく、紹介してくださった方や発注してくださっている会社には感謝の念しかありません。

 

いつかは経験を積んで得意分野をもってフリーランスに、なんて憧れていましたが、不安定だし突然不安に襲われてどうしようもない気持ちになるし、仕事を断ると来なくなる恐怖もあるし、難しいですね。このままなし崩し的にそうなるのはまだ嫌だなぁ。今は親の脛をかじれるおかげでなんとかまだ生きてるので、親にも感謝です。ただ厳しい世界が垣間見れたのは良かったかなと思いました。税金のことや経費処理のことなど、お金のことも手探りでやっていってますが、それも勉強になっている気がします。

今こういう経験をしてるのは、不安すぎてちょっと苦しいのだけれど、絶対意味がある。そう信じています。

 

一方でこのカオスを楽しんでる自分もいて、半ばヤケクソで今まで欲しかったけど買えなかったものを買ってみたり、会っていなかった人に会ったり、連絡を取っていなかった人に連絡したり、やりたくてもできてなかったことをしたりできてるのは、いいかもしれない。こんなことがなければきっと、大きく変わろうとか頑張ろうとかいろいろ飛び込んでみようとか、今ほどは思えずにいたはずだから。

 

それとこの期間に、仕事のことだけでなく、どういう人生を送っていきたいかとか、そういったことも改めて考えています。答えは出ないのですけれどね。寝る前にぐるぐる考えて、今は目の前のことでいっぱいいっぱいだから、とりあえず頑張ろう、という結論に着地して、気づいたら寝てる、みたいな日々です。

 

でもきっと私が持っているのとは別の苦しさをかかえながら、それでもいつも前を見て、立て直して、頑張ってる人もいるのだろうななんてことにも思いを馳せます。どこかで頑張っているそんな人も、頑張れますように。私ももう少し希望を見出せますように。

 

年が明ける前にはいろいろ落ち着いていますように!