にょろにょろブログ

にょろにょろと地をはいつくばりながらえへへと笑っている

「3歳児くらいに戻りたい」、と思わなくなった

随分ご無沙汰してしまいました。

 

今年に入ってから2ヶ月が経とうとしています。

去年の終わり頃は結構仕事が忙しくて思うようにやりたいことができなかったりして、気持ち的にとても辛かったのですが、年が明けて仕事の量が減ったと同時に、取り組み方や心持ちを変えたらだいぶ楽になりました。勉強などやりたいことをやったり、自分が欲しいものを買ったり(というかそれが欲しいことに気づいたり)ということができるようになってきました。

気持ちが前向きになったのと同時に、ラッキーにもやってみたいことをやるチャンスをいただけたりしております。

 

通訳学校も今週で学期が終わります。

今期は、前半は仕事が忙しいのと、授業内容が難しくなってちょっとついていくのが辛くなってしまったので、あまりきちんと取り組めませんでしたが、後半はフランスに行って気持ちが切り替わったのもあり、どうにか勉強のペースを作ることができたように思います。

先週、英日の先生と学期末面談がありましたが、あまり厳しいことは言われず「この調子で頑張ってください」という内容だったので、ほっと胸をなでおろしました。ただ、今のクラスは一発で進級することはほぼないそうだし、自分の手応えも「まあ、うまくはなった感じするけどまだ英語は出てこないし、日本語はしどろもどろだし、ぼちぼちってところかな」という感じなので、先生の言葉は

「(進級させないけど)この調子で頑張ってください」という意味で受け取りました。結果は来週わかります。どきどき。

今年はフランス語のスクールも行こうかなぁとか考えておりますが、どうなることやら。

そんな調子で、忙しくも夢に向かってちょっとずつ進んでいる実感をもって、楽しく過ごしております。

 

で、タイトルに戻ります。

小学校から大学まで、もちろんすごく楽しい瞬間もあるのですが、概ねだるくてつまんなくて、「毎日めんどくさいなー、3歳くらいの子どもはかわいくて遊んでたらよくて、自分のことなんか何もしないで済むからいいな、戻りたいな」なんて思ってることが多かったのです。(今思えば3歳児だってお友達にいじわるされちゃったり、弟や妹ができてヤキモチ焼いたりして辛かったりもするし、いろいろあるのにほんとに失礼)

しかしここ最近やっと、そういうことを一切思わなくなりました。

それは単純に、やっと精神が大人になったからということかもしれませんが、それだけでなくて、自分のやりたいことや将来の目標ができて、やっと自分の手で自分の人生を動かしていく感覚をつかむようになったのと、今夢中になったりワクワクできることがあるからなのだろうと思います。

もっと大人になって人生の苦い部分をたくさん味わったら疲れていってしまうのかもしれないけれど、まだしばらくは夢中で目の前のことを追いかけていたいな、と思います。

 

もっともっと、でもすこしずつ、いろいろ広げて、欲張って、頑張っていきたいです。

イムリミットまであと2年。