読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にょろにょろブログ

にょろにょろと地をはいつくばりながらえへへと笑っている

ブログを続けていくことについて

結局更新に間があいちゃってますね。えへへ。

気付いたら7月4日だって。アメリカ独立記念日じゃん。

ジャパンは非常にホットになっちゃってクーラーがなかったらやってられない気候になってしまいましたね。夏来るの早くないか?梅雨もまともに来てないじゃないか。

水不足にならないといいね。

 

最近会社でちょっと大きなイベントが終わって一段落したのでまたちょっとずつ書いていきます。

でもね、「毎日書かなきゃ……」とか「書けてない自分ダメじゃん……」という思いからは解放されました。

 

ここ最近いろいろな人と会っていたのですが、大学時代お世話になった恩師とお会いする機会があり。

先生は10年以上、ご専門にも関係があるようなブログを書いていらっしゃるのですが、結局楽しんで、書けるときに書かないと続かないということをおっしゃっていました。

でもそのとおりだよね。

無理やり更新してつまんない記事を量産しても意味がない。この辺はブロガーさんによって意見も分かれるし、いわゆるそれでご飯を食べているような売れっ子さんは「とりあえず書け!」とおっしゃる方も多いようにお見受けするけれど、まずは書くことを楽しまなきゃいかんなぁ。義務感とかじゃなくてね。

売れっ子ブロガーさんはやっぱり発信する中身をもっていて、とても面白い記事が多いのは事実だけど、彼らはそれで生計を立ててるんだもんな。書き続けることはほぼ義務ですよね。その分一つの記事に対する労力のかけ方が違うんでしょうな。

 

(とはいえ最近、いわゆる人気ブロガーの方が書いたすっごいつまんない記事を読んで、「結局人気商売だから売れた後は何書いても信者がついてくるんだろうなぁ」ということも思ったりしました。そういうとこあるよなぁ。もちろん競争の激しいレッドオーシャンなんだろうしあまりゴミみたいな記事を書き続けたら読者が離れちゃうんだろうが、とりあえずいったん売れて以降は発信した者勝ちというか。)

 

私は売れっ子ブロガーとか目指すのはやめました。

始めた当初はね、それは夢が膨らみますから正直そんなことを考えなくもないわけですよ。ブログでご飯食べていけたら会社行かなくていいなぁとかね。でも売れることを念頭に置くと楽しく書けないよね。

とりあえず私は書くことを楽しんでいきたいし、書けるときに書くことにする。

中身あること書かなきゃ、とかも思わない。思ったこと・書きたいことを書く。

くだらなくてもそれを「くっだらねぇな」と思いながら読んでくれる人がいたらそれでいいや。あまりにもくだらないと誰にも読まれなくなっちゃうけど。

 

さて今日も会社に行かねば。