にょろにょろブログ

にょろにょろと地をはいつくばりながらえへへと笑っている

新しい要素を取り込む

最近いろいろと悩みやすい時期でしたが、前回の記事に対してあたたかい言葉をいただり、仕事が結構入ってきたりで元気になってまいりました。ありがとうございます。

 

何しろ時間が自由なので、今まであまり向き合ってこなかったけれどやってみたい気持ちがあったことを習ってみようと体験レッスンに行ったのですが、レッスンの内容というより先生の今までの人生のお話をうかがったことで感銘を受けました。

先生はその道で先生をされているのでもちろん好きなことを仕事にしていて、それって多分楽ではないのだろうけど、やはりそういう生き方がしたいなとか、今をモラトリアムととらえるのではなくて、(実際またどこかの組織に属するにせよ)このままフリーで生きていかないといけなくなったら何をすべきかという視点で毎日努力しないといけないなとか、そんなことを思わされました。あと先生からはアメリカに行ってみることを勧められました。(笑)

英語の通訳とか翻訳の仕事をしているのに大変お恥ずかしいのですが、実はアメリカ本土行ったことなし。というかフランスと上海しか行ったことなし。しかしもともと私の語学への興味は英米の文化から端を発しているわけで。

なんとなく知り合いもいないし飯はまずいし、アメリカに関しては銃は乱射するしトランプだし、イギリスは天気悪くて滅入りそうだし皮肉とか言われそうだし階級社会は怖いし、なんて偏見と怖ればかり抱いて行かないでいたのですが、そうも言ってられないなと。

その先生との授業で私はアメリカの音楽や映画が好きだったなぁと思い出し、昨日「ボヘミアン・ラプソディ」の応援上映に行ってイギリスの音楽や映画が好きだったなぁと思い出し。(一人で行って化粧がぐっちゃぐちゃになるまで泣きながら熱唱してきましたよ、両隣もお一人だったので心強かった)

来年の課題はアメリカもしくはイギリスに行ってみることかなと思いました。

 

もう一つ先生との話の中で考えたのは、通訳翻訳という仕事がなくなった時に何ができるかを見据えておかないといけないな、ということ。

「通訳翻訳はそのうちなくなる」なんて言説をよく目にしますが、ぶっちゃけそういうことをおっしゃる方は通訳翻訳がどういう仕事が全然わかってない方が多いような気がします。言葉の置き換えと思われがちですが、それだけではないのですよ……!特に通訳はそう感じます。

最近簡単なものからではありますが通訳の現場に出ていると、すごく対人スキルが試される仕事だなと思います。とにかくうまく空気を読むことが求められる仕事です、あらゆる意味で。商談を全部機械で通訳するなんてこともあるみたいですけれど、そこに人が介在するか機械が介在するかでコミュニケーションってすごく変わると思うんだけど。まあ、機会の方がかえってよいということもあるでしょうし一概には言えませんが、少なくとも仕事がなくなるというよりは機械が担う部分と人が担う部分の棲み分けがされていくだけではないかなと現時点では思っています。

一方で、これからAIとロボティクスの時代に入れば、どの仕事がどうなっていくかなんてわからないわけで。それを考えたら、今自分がやっている職業自体がなくなったらどうしたいか、何ができるかは危機感を持って考えないといけないな、と思いました。

私は好きなことしかやってこなかったから本当に語学以外のことは知らないしできないし、大した趣味もないから、語学と掛け算して何かするにしても掛け合わせられるものがないし、そもそも語学だって全然まだまだ努力しないといけないレベルです(一生努力は続けないといけないにしても)。もっといろんな意味で新しい要素を吸収していかないとなぁ、と思います。

その一環と言っては心許ないですが、もともと大っ嫌いだったはずのアウトドアっぽいことをしてみたりしてます。釣りは美味しいお魚が釣れると楽しいのでいいですね。まださばけないのでそこは要練習だし、玄人な雰囲気のおじさまたちみたいにひょいひょいとは釣れないので歯がゆい思いはいたしますが。今もまさに登山靴とザックを買ってきたところです。山登りなんか大っ嫌いでしたが、自分の世界を広げるにはそんなこと言ってられないのです!!

(そんなわけで今大変アクティブなので誘っていただければスケジュールとお財布の許す限り何でもどこでも行きます〜。)

 

まだ一年を総括するには早すぎる、いわんや来年の抱負をやという感じですが、2019年はアメリカイギリスに行ってみる。そして新しい要素を自分の中にどんどん取り込む。この二点かなと思いました。

 

とりあえず山登ってきまーす。

 

ニート2ヶ月目

タイトルの通りですよアッハッハ。

一応10月中に進展が見られたのですが、いつから働き始められるのかまだわからず。先月半ばに25歳になったものの私生活もいろいろ辛いことがあり、誕生日の朝はわんわん泣いてやけを起こして、まともに理性が働いていたら絶対やらないような不毛なことをしたりしましたが、今は元気になりました。一連のぐちゃぐちゃは次の四半世紀に向けたリセットなのかもしれません。

 

半ば〜後半にかけては幸いにも英語の通訳や翻訳のお仕事を細々とですがいただくことができ、ニートとは言いつつ遊んだり仕事したりでそこそこ忙しくしております。忙しさにかまけて通訳学校の勉強やフランス語が疎かになってるのでよくないですが。とにかく、紹介してくださった方や発注してくださっている会社には感謝の念しかありません。

 

いつかは経験を積んで得意分野をもってフリーランスに、なんて憧れていましたが、不安定だし突然不安に襲われてどうしようもない気持ちになるし、仕事を断ると来なくなる恐怖もあるし、難しいですね。このままなし崩し的にそうなるのはまだ嫌だなぁ。今は親の脛をかじれるおかげでなんとかまだ生きてるので、親にも感謝です。ただ厳しい世界が垣間見れたのは良かったかなと思いました。税金のことや経費処理のことなど、お金のことも手探りでやっていってますが、それも勉強になっている気がします。

今こういう経験をしてるのは、不安すぎてちょっと苦しいのだけれど、絶対意味がある。そう信じています。

 

一方でこのカオスを楽しんでる自分もいて、半ばヤケクソで今まで欲しかったけど買えなかったものを買ってみたり、会っていなかった人に会ったり、連絡を取っていなかった人に連絡したり、やりたくてもできてなかったことをしたりできてるのは、いいかもしれない。こんなことがなければきっと、大きく変わろうとか頑張ろうとかいろいろ飛び込んでみようとか、今ほどは思えずにいたはずだから。

 

それとこの期間に、仕事のことだけでなく、どういう人生を送っていきたいかとか、そういったことも改めて考えています。答えは出ないのですけれどね。寝る前にぐるぐる考えて、今は目の前のことでいっぱいいっぱいだから、とりあえず頑張ろう、という結論に着地して、気づいたら寝てる、みたいな日々です。

 

でもきっと私が持っているのとは別の苦しさをかかえながら、それでもいつも前を見て、立て直して、頑張ってる人もいるのだろうななんてことにも思いを馳せます。どこかで頑張っているそんな人も、頑張れますように。私ももう少し希望を見出せますように。

 

年が明ける前にはいろいろ落ち着いていますように!

 

何しろ暇

昨日から本当にニート(?)になっちゃいました。

先週ブログ更新してから色々な方にバイトを紹介していただきました……ありがとうございます。何個か決まっているので、無収入は避けられそうです。感謝感激でございます。

ただ別にしたいこともないし、いつから始まるんだかわからないから大胆なこともできないし、あんまりお金を使うと貯金がじわじわ減って辛いし、なんかもうどう過ごしたらいいんだかよくわからなくて、とりあえず朝ゆっくり起きて、洗濯したり掃除したり、母とご飯を食べたり映画を見たり、ゲームしたり、積ん読になってる本や雑誌をだらだら読んだりしてます。(書き出してから思いましたが運動してなさすぎですね)

次の会社はたぶんつっついたところでどうにかしてくれるわけでもなさそうだし既に何度もつっついて疲れたし、面接の時も忘れた頃に連絡が来たので、たぶんそういうスピード感なんだなと思って諦めの境地です。あんまりひどかったら転活するしかない。

今日はやっとやる気になって、ぐちゃぐちゃだった部屋を片付けました。晴れるだけでこんなにやる気が出るなんて。日光って大事ですね。

とりあえずこれは神様がくれた充電期間なんだと思って、もっと勉強したいと思います。ゲームとだらだらを交互にやり尽くして、やっと勉強したくなってきたのでがんばろうかなー。

そんなわけでまだまだニートです。

【フランス語参考書レビュー】例文で覚えるフランス語熟語集

先が見えなくてもとりあえずポジティブに

仕事を辞めたのはいいんですが。

実は10月1日から始められるはずだったところ、本社からの承認がまだ下りないとかで伸びそうだし、ちょっといつ始められるのかわからなくなってきた。真面目にプータローになる期間ができてしまいます。バイトでもするしかない。とはいえもろもろ許可が下りる前に退職を申し出てしまった私も悪いのですが。とんだおっちょこちょいさんだな!(笑い事ではない)

とりあえず税金のこととかいろいろ心配になったので税理士さんに相談したいなと思って調べたら、たまたま弁護士会司法書士会と合同の無料相談会があったので行きました。めちゃくちゃ混んでたら諦めようと思ってましたが、行ってみたらがらがらでびっくりしましたよ…こういうのうまく使わない手はないですよね。(税理士会のホームページとかに無料相談会はじめ情報がいろいろ乗っています。東京地方税理士会はこちら。11月ごろにまたあるようです)

そんなわけでちゃんとした会社で働かせてもらって、満足な額のお給料をいただいていたありがたさをひしひしと感じております。前の会社は本当にいい会社であった…(じゃあなんで辞めたんだよと言われそうですが、前の記事でも書きましたがただただスキルアップ、修行のため。なのでこれも修行の一環か)

でもたとえばいつかフリーランスの通訳者として稼働できるようになったら、どっちみちいろんなことを自分でしないといけないのだから、今からいろいろ知っておくのは悪くない。とポジティブにとらえようと思います。というかそうするしかない…ほんとはとても不安ですが。

ただ時間ができたぶん掃除したりものを整理できたり、読めていなかった本を読んだり、こうしてブログを書けたりしているので、それを有効に使わない手はないですよね。今まさにもっさりしすぎて使い物にならなかったパソコンからいらないソフトウェアをアンインストールして、サクサク動くようになったパソコンでこうしてブログを書いている。幸せ。

と、いうことで休んでいる間に行った旅行についてとか、おすすめの英語・フランス語参考書とかについて細々と書いていきたいなと思っております。今までだって書こうと思えば書けたんだと思うけれど、iPhoneで書いていたのでAmazonはじめリンクが貼りづらくて、億劫になってました。これからはどんどん読んで経験して、どんどん書きたい。

みなさま今後ともどうぞよろしくお付き合いください。あといいバイトの情報があれば教えてください。(切実)

 

平成最後の夏終わりましたね

ご無沙汰しております。

仏検落ちたとか言ってたのが2ヶ月前……!?ものすごい過去のことに感じますね。

なんだかこの夏は本当に怒涛の夏でした。プールも海も行ってないし、花火も見てないし、かき氷も食べず、夏らしいことは何ひとつしなかったのですが(そうめんとスイカくらいは食べたかな)、私生活でかなり面倒な揉め事に巻き込まれたり、心が動揺するようなことがあったり。

 

さらにいちばん大きかったこととして、予想外に将来の道筋がぐわーんと変えられるような出来事がありました。いや、正しく言えば、道自体は変わらないんだけど、よりいいルートに乗っていけそうというか、上方修正というか。「こうなったらいいけどちょっと無理そうだなぁ」ということが叶いそうになってきました。完全に棚ぼたです。

そんなわけで、あと数年は今の状況を大きく変えるつもりがなかったのだけど、この秋からまた大きく変わってしまうことになりました。簡単にいうと、また転職することになりました。社会人3年目で2回目とか、自分でも驚き呆れていますが。

正直今の会社は好きで、仕事の内容自体にはあまり発展性はないけれど、周りの人に恵まれて、いい環境で楽しく働けていました。だからこのまま通訳学校に通い続けて、実力をつけて、そうしたら頃合いを見て通訳専門のポストに転職しようって思ってたのですが、なんだかこんなことになってしまった。たぶん長い目で見たら今回の転職は間違った選択ではないと思うんだけど、それでもやっぱりもっと今の会社でお役に立ちたかったなぁ、という後悔と申し訳なさの入り混じった気持ちが残っています。

でも次の仕事はなかなか入り込める業界ではない(特に私のような経験の浅い小娘には)だろうし、いろいろ想像がつかないぶん入ってみたらめちゃくちゃだった、なんてこともあり得るにしても、今飛び込まなきゃもう二度と降ってこないチャンスだと思うのです。それ故にここで私は新たな一歩を踏み出そうとしています。

次の仕事では英語よりフランス語を多く使うことになりそうです。はっきり言って不安大です。そんなこと言っても仕方ないので、採っていただいた以上必死で食らいついていきます。仕事でフランス語をビシバシ鍛えてもらいつつ、通訳学校でも英語をビシバシ鍛えてもらいたいと思います(やっとプロ養成のレベルに行けることになりました、がんばる)。

 

そんなわけでふんわり憧れていたけど無理だろうと思っていた場所にもしかしたら手が届くかもしれないなぁと思い始めました。

通訳の勉強を本格的に始めた一年前、「オリンピックの年には英語の通訳専門の仕事に就きたいなぁ」と思っていたのですが、もうちょっと欲張って、30歳になるまでの5カ年計画でさらに大きく出てみようかなと思っています。

ただ、次の仕事にしろ通訳学校の進級にしろ、「若さボーナス」というか、「この子正直実力は足りてないけど、ま、若いしやる気ありそうだし、やらせてみるかな」という大人たちの寛大なお心で引き上げていただいてる感じがすごい……ので、もっと努力せねばなぁと思います。このままだといつかどこかで行き詰まるはずです。怖いです。

 

フランス語もっと上手くなったらおすすめ教材のまとめ記事とか書けたらいいなぁ。

またいろいろ落ち着いた頃に書きます。

仏検1級に(やっぱり)落ちました!

落ちました!でも85点も取れてた!!

合格点は89点だったので、勉強嫌にならずにちゃんと勉強してたら受かったのではという気にもなりますが、「やる気がないときはやらない」がモットーなので、まあしょうがない。ラッキーで受かっても意味ないし。

でも過去問を解いたときは難しくて打ちひしがれてたけれど、意外と手の届くところに来てるわけですね。来年に希望が持てました。希望が見えてくると「やろうかな」という気持ちになりますね。

最近またよさそうな参考書も買っちゃったので、その辺も細々とやりつつ、フランス語の学校も、ちょっとめんどくさいと思いながらも続けていきたいと思います。

 

それにしても買うだけ買ってやらない参考書がどんどん増えていく……この一年でどこまで減らせるかチャレンジです。

最近フランスっぽい本とか読んでモチベーションをあげてるのですが、いい本が多かったので機会があったらこちらで紹介したいと思います。あと参考書も。

ではではまた。